2006年02月

タイ&カンボジア旅行6日目 いざカンボジアへ

いよいよ待ちに待ったカンボジアへ入国する日が来ましたびっくり朝8時の飛行機なので、5時半起床で急いで空港に向かいました汗飛行機はBangkok Air Wayといってタイの会社でかなりスッチーのレベルは高かったです(笑)
CIMG2837.jpg
ちなみについたシェムリアップ空港はホント小さくて、飛行機降りるとこんな感じで歩きます。ここには世界各国から観光客が来ていましたねウインク空港からは日本語ガイドをお願いしておいたので、地元のガイドさんであるソフィアさんと合流。車に乗って市内へ向けて出発です自動車ダッシュ

まずカンボジアでの第一印象は土が赤いってこと。ちなみに下の写真は国道から撮った風景です。日本の国道と違うところを挙げろって言ったらいくつ挙がるかね(笑)まず道路の舗装はされてないし、悠然と牛が歩いてたり、もちろん電気や水道、ガスなんかは一歩町を外れたらついていません困ったオレの想像以上のところでした。
CIMG2838.jpg


まだ朝も早いということで、ホテルにチェックインする前に直接アンコールワットを見学してきましたウインクちなみにアンコールワットっていうのはヒンドゥー教寺院で、あとに出てくる「アンコールトム」とは違うので参考までに。まず入る前に観光客はアンコールパス(入場券)を買わなければなりません。これが意外と高い。オレは2~3日券でUS$40しました。これがあると、周辺の遺跡に自由に入れるっていうものです。さあ、いよいよアンコールワットへびっくり
CIMG2872.jpg

この画はよく見るよねぇウインクちょっと風があってうまく撮れませんでしたが、なんとなく雰囲気は伝わると思います音符ホントはもっと写真を載せたいのですが枚数が限られているので申し訳ない。個別に言ってくれれば腐るほど汗見せられますので(笑)

昼食を市内のレストラン料理でとり、ホテルにチェックインホテルしたあと、いよいよ今度はアンコールトムに行きました笑いアンコールトムは仏教寺院です。オレはココに来るまでそんなことも知りませんでした。アンコールトムと言ったらやっぱり下の写真のようなでしょうね。この写真は現地のお金リエルお金に印刷されているものです(500リエル)。ちなみに4000リエルがUS$1と同じ価値です。現地はほとんどUS$で物が売買されているので、現地のお金(リエル)にかえる必要性は全くありませんでした。
CIMG2946.jpg


遺跡から夕日夕日を眺め、夕食は市内のホテルでカンボジアの古典舞踊を見ながらのディーナータイム音符カンボジアの地ビールで乾杯しましたジョッキホントカンボジアを満喫した初日でしたね音符
CIMG2976.jpg
(男の人と一緒に踊る踊りもありました)

タイ&カンボジア旅行5日目 出会いと言う名の奇跡

今日はオレが個人的に非常に楽しみ音符にしていたイベントでした。それは向こうの現地の大学生との交流会でしたびっくり交流会といってもここは日本ではないので、もちろんオールEnglishです汗自分の英語力を試すにはまさにうってつけです力こぶ
CIMG2770.jpg

今回訪れたのはタマサット工科大学です。話をしたのも同じ土木工学を学んでいるほぼ歳も同じ人たちでした。まず簡単な自己紹介をして、グループ分けされました。ウチラのグループはタイと日本の食べ物の違い(←ぜんぜん土木と関係ないですが…)を話しました。どうやら向こうもあまり英語が特異とは言えず、お互いあまり英語が得意じゃない汗どうし、意気投合してかなり楽しく話ができました音符
CIMG2776.jpg
(前三人左から順に「Pump」「Dee」「Yuth」です。)

このあと、それぞれのグループで何を発表したかをプレゼン形式で発表しました。オレは半分乗り気で、半分やられされる形で英語でスピーチしました。今考えると、今まで多くの人と英語で会話してきましたが、英語でスピーチするのは初めてでした。最初は話す内容も「食べ物」だし問題ないと思ってたけど、話し始めると自分の体温がぐんぐん上昇してるのがわかりました困った要はビビリなんです悲しいもう何を話したか覚えてません。頭の中真っ白です汗文法もめちゃくちゃだったと思います。かなり終わった直後は自分の不甲斐なさに腹が立ったよ怒りでも、こういう機会に恵まれ経験できたことは非常に大きな経験になったと思います電球今後もこうした機会をぜひ増やしたいですね。


さて、そのあと食事をしてキャンパスを案内してもらって、この大学を去りました。ホテルに戻ってからちょっと街中をぶらぶらして、夕方からはこれまた出発前から楽しみだったムエタイ観戦に出発です力こぶちなみに、ムエタイにはウチラが大学で話をした3人がついて来てくれることになり非常に助かりました笑い移動に使ったのはこれまた面白い乗り物トゥクトゥクですびっくり
CIMG2802.jpg

日本で言う人力車のバイクバージョンとでも言いましょうか。タクシーより安くて、スリル満点です汗スピードは速いし、交通ルールは無視だし、排気ガスはもろに吸うし落ち込みアジアには結構こういう乗り物多いので、ぜひ乗ってみてねウインク

さあ、いよいよ本日の試合会場に到着しましたよびっくり一人1000バーツ(約3000円)払って一番安い席から観戦しましたメガホンちなみに、タイ人の学生に聞いたところムエタイは大人がお金をかけるお金競技なので子供はあまり興味がないし、生で見たこともないとか困った何を隠そう一緒に来た彼らも初めての観戦なんだってびっくりちょっと意外でした。
CIMG2806.jpg

試合会場は入った瞬間に圧倒されました汗試合中の盛り上がりもハンパない。円形状のドーム型の施設で真ん中にリングが置かれてます。試合には若い選手では15.16歳くらいだっていうから驚きです困ったハイキックでKOした試合とかもあり、日本のプライドやK-1に高い金を払うくらいなら、ぜんぜんこっちのほうがいいねウインクあと、試合前は選手が勝利のお祈りのダンスをしてるのが、ちょっと変わってて面白かったね音符格闘技をぜんぜん知らない人でも絶対楽しめるのでぜひ行ってみてくださいびっくり
CIMG2819.jpg
(ムエタイ風にポーズ撮ってみました)
ちなみに、今日一日中お世話してくれた人のうち2枚目の写真の左2人は4月から1年間埼玉大学に交換留学でくるそうですびっくり日本で再開することを約束して別れました悲しいなんとも不思議で運命的な出会いでした。さあ、明日からはいよいよカンボジアに上陸だびっくり朝メッチャ早いので早く寝よっとZZZ 続きを読む

タイ&カンボジア旅行4日目 将来への展望

今日も朝からバスを貸しきって見学会スタートです。今日初めに訪れたのはただいま建設途中のスワナプーム空港です。この空港は今現在使用しているドンムアン空港とは別の、より大規模な国際空港です。国際協力銀行(JBIC)や国際協力機構(JICA)の援助を受けてつくられています。出来上がったら、まあ間違いなくキラキラアジアNo.1キラキラの広さで、旅客取り扱い数になるでしょうね。これが全体の様子を現した模型です。
CIMG2734.jpg

この空港の凄いところをあげるとキリがありませんが、特徴的なことを挙げるならば、

全面ガラス張りの三重構造
白い帆のような屋根は東京ドーム野球の屋根と同じ素材
床暖房ならぬ床冷房
全長は3200m、中央の建物はサッカーコート5面分サッカーの広さ

とまあ色々あるわけさ。ちなみに中に入ってみるとこんな感じです。どこぞの宇宙船発射基地みたいじゃないはてな(笑)
CIMG2747.jpg

本当は今年の夏にオープン予定だったようですが計画の変更などによりちょっと遅れるようです。みなさんもタイにお越しの際はちょっと空港を気にしてみてくださいウインク

さて、お昼を食べた後は今度はタイの国鉄本社に乗り込みました力こぶ
CIMG2764.jpg
なんか国際会議場みたいでしょはてな(笑)ちなみに前に立ってるスーツの人はオレたちシビルの先輩にあたる人です。いろいろな途上国で土木事業(鉄道)で貢献しているそうです。話を聞いていて思ったのは、途上国での貢献は生易しいものではないってことです。硬い決意を持って臨まないと…。ただまあ、自分の将来の展望が見えるような興味深い話が聞けたので凄くいい機会になりましたね音符

勉強(はてな)したら当然お腹も減ります汗夜はタイのシーフードをいただきました料理一番うまかったのは蟹と蟹の卵とをカレー風味のソースであえたヤツかな(←よくわからん)。ライス(←タイ米)にかけるとホントうまかったOKそしてこの席では席替え(ちょっと合コンチック)して、他学年の人とも交流できたしすごくよかった笑い105の紹介をしたら興味持ってくれた人もいたしねウインク
CIMG2767.jpg
(ちなみにこの写真はM1(修士一年)の交通研究室の先輩です)


バスでホテルまで帰ると、もうすっかり夜でした。しかし私たちはまだ若いので、先輩の部屋で飲みなおししようってことになり、友達とお邪魔させてもらいました。先輩も後輩も気兼ねなくしゃべれてホント良かったびっくりオレはここでタイのビールを飲みましたジョッキ象のマークが入ったいかにもタイって感じの(笑)ただ、あまり後味がよくなかったのが残念でしたね悲しい
CIMG2729.jpg

タイ&カンボジア旅行3日目 シビル戦隊グリーンレンジャーズ

いよいよ今日から今回の本来の旅の目的である見学会がスタートです。今日見に行ったのは、昨日行ったシェムリアップ川にかかる橋、工事途中の斜張橋(主塔からワイヤーで橋桁を支える橋)です。
CIMG2689.jpg

デカイよねぇ、壮大だよねぇ…。現地の日本人スタッフに話を聞いたり、実際登ったり、工事現場を間近で見せてもらいましたウインク普通の人はもちろん入れない領域です。前にも行ったかもしれませんが、こうした高層土木構造物の上ってめっちゃ眺めがキレイなんですよびっくり下手に金払って高層ビルの上から夜景を見るくらいなら、こうした建設途中の橋の上から二人っきりで、柵もないところから、まだ世界の誰も見たことのない視界を体験してみたいと思いませんかはてな(笑)ねっびっくり

さて、そんな感じで見学会が順調に進んだかと思いきや、いきなり大変なことが…困ったそれがコレ汗
CIMG2696.jpg
俗に言うスコールってやつみたいです。とてもじゃないけど外に出れない…。でもね、今の時期タイは乾季なんだよ、乾季びっくりびっくり地元の人も「珍しい」って言ってたし…。ちなみにオレは知ってる人も多いと思いますが、雨男雨です。見学会だけでなく、プライベートで大事な日(笑)は結構雨が多い悲しいまあ、季節を一度で二度体験できたと思って良しとしましょうOK

そうそう、今日はシビルの2年生(+1年生1人)である約束事をしたんでした。ある人が発起人となり、いろいろな経緯から今日はみんな緑のTシャツを着ようってことになり、みんなで揃えました(笑)
CIMG2711.jpg
自分が入ってて言うのも何ですが、ハッキリ言ってキモイです…落ち込み
9人揃ってシビル戦隊グリーンレンジャーズ参上

一人一人の名乗る時間が減って、敵にやられることを未然に防げそうです(笑)もちろん正義のヒーローも模範となってヘルメットは着用です。

一日中ずっと見学したら、もちろん腹もへるよね。というわけで、今日は夕飯にタイスキを食べました。簡単に言えば「タイ風しゃぶしゃぶ」です。甘辛いタレにつけて食べると結構いけます音符ちなみに写真の彼が食べてるのは、タイスキではなくアヒルの肉です。これも美味でしたOK
CIMG2723.jpg


さてさて、お腹も満たされればあとは体の疲れをとり除くだけです。というわけで、夜は友達とタイ古式足ツボマッサージに行ってきましたびっくり
CIMG2730.jpg
町なかにこのような看板がいたるところにあります。日本でやるとかなり高いですが、タイなら1時間300バーツくらい(1バーツ=3円と考えてよい)です。オレは足ツボだけじゃなくて前身やってもらいました。かなり気持ちいい音符から行ったらぜひやってみてください。行く前は痛いのでははてなというイメージ電球がありましたが、そんなことはなかったです。ただ、残念なことに少しイメージとは違うところもあってそれは少し残念ではありましたが…悲しい 続きを読む

タイ&カンボジア旅行2日目 タイを満喫ダイ♪

今朝は早起きしてホテルのレストランで、食事(バイキング)をとって、地下鉄(MRT)に乗って
(自称)世界最大のウィークエンドマーケット

にシビルの2年生で行って来ました(笑)だってガイドブックにこう書いてあるんだから仕方ないじゃん…。
CIMG2619.jpg

本当にありとあらゆる物が売ってますよぉ。ちなみに、日本とは違ってタイは(アジアの多くの国でそうでしょうが)、値段は交渉性です。店員の言われたとおりに買うなんてバカです。駆け引きが好きな人はかなり面白いと思います音符

さてさて、いったんホテルに帰って、全員が合流してバンコク観光ツアーのスタートですクラッカー今日言ったのはまず、アユタヤー(←高校で日本史、世界史を学んだ人は知ってるよねはてな)にある日本人町跡を訪れました。ここには山田長政と言う人もいたとか(←たぶん有名)。この写真はそんな日本人村の脇を流れるチャオプラヤ川の岸辺で撮った写真です。
CIMG2638.jpg
(シビル2年生の一部)


そのあとコレも良かった音符日本を出発する前に考えていたことが現実になったからです。それは念願の象に乗れたことですウインク
CIMG2654.jpg
象ってね。かなり揺れるんだよ困った汗しっかりつかまってないと振り落とされそうです。あと象の皮膚びっくりじかに触ったけど、メッチャ硬いびっくりそして何より毛が太くて硬いんだ力こぶさずが象さんです。ダテに図体だけでかくねぇ。

そうそう、昼には誰もが知ってるであろうタイの有名料理を食べました料理もちろんその名はトムヤム・クンですびっくり
CIMG2667.jpg

食べたことある人は「好き」か「嫌い」か意見を聞きたいなあ。簡単に説明すれば「酸味と香料がきいた激辛ごった煮スープ炎」とでも言いましょうか。オレは辛いの好きだから平気だけど、酸味がちょっと苦手。あと匂いも。ちなみにストローが刺さってるのはココナッツのジュースハイビスカスです。台湾で前に食べて、オレはあまり好きじゃない…。ただ、写真では載せられませんでしたが、白身の魚の蒸し焼きや、ピリ辛のサラダみたいなのは美味しかったねOK基本的にタイ料理は炎辛い炎のを覚悟してください。

午後はAIT(Asian Institute of Technology)を訪問してきました。ここはいわゆる昔東南アジアの科学技術レベルを向上させるために先進国がお金を出し合いつくった大学です。うちの教授も何人か昔ここに派遣されてた経験があってね。非常にキレイキラキラなキャンパスでした。

それから夕方の自由時間には街中をブラブラ歩いてロビンソン(デパートみたいなもの)に行って来ました。みなさんは「ロビンソン」と聞いて何を思うはてな実はあのスピッツの代表曲「ロビンソン」はココからきたとか電球どうしてあんないい歌詞ができたのか不明です(笑)

夜は「大上海」という中華料理屋で夕食会音符先輩後輩先生方水入らずで思いっきり楽しみましたウインク食事代もすべて先生たちのおごりびっくりということに拍手へへ。いい一日でした。いよいよ明日から見学会です汗
CIMG2683.jpg
(真ん中のメガネかけてるのが交通研究の先生)

みんないい感じに酔ってます。明日も早いから早く寝なきゃねZZZ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ